GRUB2からNetBSDのisoイメージを叩く(正確にはcobaltNetBSD-restore)

set root=(hd0,msdos3)
loopback loop /home/ioriveur/cobaltNetBSD.iso
set root (loop)

ここでls /すると見えている.

しかし,

bootすると

no signature.

でとまる.

sgiのO2にシリアルケーブル挿してみたり.

 
System Maintenance Menu

1) Start System
2) Install System Software
3) Run Diagnostics
4) Recover System
5) Enter Command Monitor

Option? 5
Command Monitor. Type “exit” to return to the menu.

> hinv
System: IP32

Processor: 195 Mhz R10000, with FPU

Primary I-cache size: 32 Kbytes

Primary D-cache size: 32 Kbytes

Secondary cache size: 1024 Kbytes

Memory size: 128 Mbytes

Graphics: CRM, Rev C

Audio: A3 version 1

SCSI CDROM: scsi(0)cdrom(4)

> printenv
AutoLoad=Yes

console=g

diskless=0

dbaud=9600

volume=80

sgilogo=y

TimeZone=PST8PDT

netaddr=192.168.0.5

monitor=h

SystemPartition=pci(0)scsi(0)disk(2)rdisk(0)partition(8)

OSLoadPartition=pci(0)scsi(0)disk(2)rdisk(0)partition(0)

OSLoadFilename=/unix

OSLoader=sash

crt_option=1

keybd=US

cpufreq=194

eaddr=08:00:69:05:f9:fe

NoAutoLoad=CONSOLE OPEN FAILED.

ConsoleOut=serial(0)

ConsoleIn=serial(0)

videostatus=illegal_env_var

> hinv -t
system ARC SGI-IP32 key 0

processor CPU MIPS-R10000 key 0

processor FPU MIPS-R10000FPC key 0

cache primary icache 32 Kbytes (block 1 lines, line 64 bytes)

cache primary dcache 32 Kbytes (block 1 lines, line 32 bytes)

cache secondary cache 1024 Kbytes (block 1 lines, line 64 bytes)

memory main 128 Mbytes

controller display SGI-CRM, Rev C key 0

peripheral monitor key 0

controller network 110Base-TX revision 2 key 0

peripheral network DP83840-1 key 0

controller serial MACE-16550 key 0

peripheral line key 0

controller serial MACE-16550 key 1

peripheral line key 0

controller audio A3 key 1

controller keyboard pckbd key 0

controller pointer pcms key 0

adapter PCI MACE-PCI key 0

adapter SCSI ADP7880 key 0

controller CDROM TOSHIBA XM-5401TASUN4XCD key 4

peripheral disk unit 0

adapter SCSI ADP7880 key 1

 

ちなみに,O2の電源はソニー製である.

詳細:

SONY

model NO.APS-90

OUT PUT (TOTAL 170W)

+3.43VDC/31A

+5.1VDC/10A

+12VDC/3.2A

+3.3V AUX/10mA

-12VDC/0.25A

 

git now 導入した

備忘録なのでてきとーっつうか難しくなかった.

git clone git://gist.github.com/705408.git
sudo ln -s /home/ioriveur/gitland/705408/git-now /usr/lib/git-core/
sudo chmod +x 705408/git-now

これでっ…おしめえよっ!

河豚 on your lap.(OpenBSDのキー設定)

キー設定。このハックはどこかのFedoraづかいさんがやってた手法とさほど変わらない。たぶん、他のLinuxやBSDでもかわらんだろう。
いくつかのOSは、日本語キーボードは一種類しかないとでも思っている様で、得てしてノートPCのキー取得でミスる。
今回は”],}”がでなくなっていた。
そこで、xevを使って”],},」,む”のキーはどのキーコードなのか調べる。
0x…の方ではなく、普通の十進数の値を用いる。51だった。そこで、
keycode 51 = bracketright braceright kana_closingbracket
これを.Xmodmapに保存して、
xmodmap $HOME/.Xmodmap
と、.xsessionにでも書いておく。
おしまい。
「む」はいらないし、なんかvim /usr/include/dev/wscons/wsksymdef.h に定義されてなかったので、きっといらない子なんだろう。

GnuPG2をOpenBSDで使う。

暗号化に興味を持って弄ってみた。

pkg_add gnupg-2.0.17

これでインストールおしまい。(OpenBSD 4.9の場合)つーかLinuxでもこっから先はかわらんよ。

gpg2をたたくと何やらディレクトリを掘っている旨が伝えられる。

次に、gpg2 –gen-keyする。
種類は1でいいだろう。RSAの特許はもう切れているらしい。
まあ、あとはふつーに出来ると思うね。
それで、生成し終わったら、gpg2 –export -aする。この-aっつうのは多分armorの略らしい。
すると、公開鍵が出力される。以下は自分の。

—–BEGIN PGP PUBLIC KEY BLOCK—–
Version: GnuPG v2.0.17 (OpenBSD)

mQENBE3BpmABCADawOwsPDdv8O/GGB8oZA3jaMsshdB4Uc6HYuhrALH04Jk4Jjee
UZIOZH+uRD7DiOvlCTsAsP0nLiGYQncZFHVibWrrOG8mwGtuiBP59lMJCPzNPEOY
h3pA/6aU+n8icZlKSs+/iUy9i/zkDm5a3dMBYIcOfe0ZrFxd/hMePDmG1sDJtmAJ
uAtX3erPhcfqOxLJrEtU/uaiKELSPk2rs5xTBm1BcVjeDi0UrDOMkVC17gXyWyKk
NyB3WOGo17/6P57SkvQ4/MIDkHnAKCbOKJORP9MzxPyELiT1Zqhq/EOexJ1ZCueP
AuWIDTmvyNrprPUxLtaqsMz8uQAW7HJ6qVxfABEBAAG0JUlvcmkgWW9uZWppIDxm
aXZvLjExMjM1ODEzQGdtYWlsLmNvbT6JATgEEwECACIFAk3BpmACGwMGCwkIBwMC
BhUIAgkKCwQWAgMBAh4BAheAAAoJEDi3kAc8f++1J68IAKaVXtBboIcJ3zaAdO/G
wPC9mcdjoAt48fLigorSyVfd9+rQZtz6Z2PueZn1qxHGIMYgyxYU7DB40E4kLdcA
RF8QGAMGFJQ0pW/ToP0meMRz+mAXvm1spYG4cMMDmyde/lNedLwAPWJMhYNc8ugX
jdwuWVXkdhmYcx8UZ1e43L9G8jD+97li1Ts3CDSMYNuycBK9knnmprnUDuOUv5tb
XjHKJoakXe4GhPAC/sQ6Eh/BgX1VlUtek0PajEsvnBsZA9O+MPa0Z+sD3/qmiY+8
fJ+KsmXxmjHqgExHs4mzTRuV5kw9l/UTahuOOswQHFPuUVkWq4pCDcV6bn1NyK/3
Bjy5AQ0ETcGmYAEIANP31+GBmdc5zYVsQFMg4wj2CYCROa2YTkGMdP7IbtgVxkhH
xqARF7+Gw4TbZr38D0u1+az6IXkub5LvV4ONRuQ/FImhb8pH8e4LpgPYC0bvTG6V
GqWd4y/Uw3TEQKtkKZ4t/QJg3qmNIkvYLbKX4d+yyC78a1dCsI+J/I/CWbcL5ZXs
otUNbU3VnQkCad0e+KE5kIBEygnsqwcXYcnryUh3UYkfj+ezrYZ41aa9FXKADL1Z
GnjXGtyI1w+cp6ofyocCV04cj92GAP0n/R1cFQuMlVLDmKL+m2i8g8tfw+6qKPYL
bauMtRFi7GD5/vxnSb29Lcr/98OrN7TaKl54uicAEQEAAYkBHwQYAQIACQUCTcGm
YAIbDAAKCRA4t5AHPH/vtUtlB/9JBKgWqgF4MkWsrqZeByga6DqYikmsvUrQIxk4
GWdD2rUbqIVFH1dHAhOJIqMMrohNa9DHxzClnORkVeuR+sb6OsCRP9GvqdZ/6Ij6
bGDLbeWrSZVz85MSzZF5cQ9zAgT1R4upKo3ASkMNdstP/gdU/CRHNi8PaoQ29qHW
1Xanc0phzp2u2CZGF2sd3Hpl4pocRrl7ZfbLluXBSV33tMxywE7VESLxlLDby8U7
3+14Otq7Syx1MPXIT3Hh/b3ES31sIM+M2byvCTenwihjKPp0LnQKSFsq/UqU52aX
g3wAAw3aM4P7x7Q9NWPCas7xY3XYl83SG+5IjJlkJmf1DCpt
=X28q
—–END PGP PUBLIC KEY BLOCK—–

次に署名をしよう。たまたま練習問題を解いたpythonのコードがあったため、それを署名する。

gpg2 –clearsign Python/pythonlearn.py

見てみると、コード部の尻尾に—–BEGIN PGP SIGNATURE—–ではじまる文字列があるだろう。どうやら、 gpg2 -sa でもいけるらしい。でもこれって署名しか作ってなくない?

はい、次、

gpg --verify Python/pythonlearn.txt.asc

これで検証ができる。公開鍵が自分の手元にあるので一発で正しい署名と出てきた。

次、暗号化。

gpg --encrypt --armor pythonlearn.py

今度は元のメッセージははいってない。当たり前だ。で、普段はこいつが誰かから送られてくるわけだ。で、俺が開けるためにはどーすっかってえと、

gpg --decrypt pythonlearn.py.asc

そのまんまやな。秘密鍵の行使のためにはパスフレーズの入力がいる。さっき作るときに使ったフレーズを入れる。
今後の見通しとしてはMuttでメールを署名しようっつう話なんだけど、まー今日はいいや。

OpenBSDをアップデートする。

このまえ、i386のPCにOpenBSDをインストールした。AMD64のPCは親に封鎖されてしまったために、ノートのi386マシンにOpenBSDを入れたいと思ったからである。

こいつは一癖あって、要するにCDを焼けない。昔は焼けたのだが、もう焼けないのだ。

そこで、そこいらにころがっていた4.6のCDをつっこんでインストール。しかし、時代はそろそろ4.9である…

今回は4.6のインストールから、4.7へのアップグレードを示す。

Read More »

崖と斜面を使った美しい話

今日は中学校レベルの物理(力学)の話.これは友人と話していて見つけた法則である.

高さHの坂の下に水平な地面があり,その先には崖(高さh)があるとする.

坂の上からボールを転がすと当然水平な地面をつーーっと通って崖から落ちる.この時の崖からの飛距離Lについて,LはHとhの相乗平均の2倍である.[L=2√(H×h)]

 

物理は美しい.

TeXフォント埋め込みで困った話

cid-x.mapのある位置も変.こんな名前だけどdvipdfmにも影響してるのかな?よくわからない.
/usr/share/texmf-texlive/fonts/map/dvipdfmx/cid-x.map
このHだかrmlだかをいじくれば埋め込まれるんだと思った.
rml H Ryumin-Light
gbm H GothicBBB-Medium
rmlv V Ryumin-Light
gbmv V GothicBBB-Medium

しかし,どうやっても上手くいかない.
そこで,
rml H :0:mplus-2c-regular
gbm H :0:mplus-2c-regular
rmlv V :0:mplus-2c-regular
gbmv V :0:mplus-2c-regular

rml-jis H :0:mplus-2c-regular
gbm-jis H :0:mplus-2c-regular

フォントを変えてみた.上手く行った.

しかし,流民フォントを埋め込みたい人はどうすれば良いのか?まったく検討がつかない.一時しのぎ的方法でしかない気もするが,メモ的に.

.zshrcとか

githubで公開するようなことでもないので、

メモ書きとして。

# Created by newuser for 4.3.10
HISTFILE=~/.zsh_history
HISTSIZE=10000
SAVEHIST=10000
setopt hist_ignore_dups # ignore duplication command history list
setopt share_history # share command history data
bindkey -v
setopt auto_cd
setopt auto_pushd
setopt list_packed

case ${UID} in
0)
PROMPT="%B%{ESC[31m%}%/#%{ESC[m%}%b "
RPROMPT="%{ESC[31m%}%T"
PROMPT2="%B%{ESC[31m%}%_#%{ESC[m%}%b "
SPROMPT="%B%{ESC[31m%}%r is correct? [n,y,a,e]:%{ESC[m%}%b "
[ -n "${REMOTEHOST}${SSH_CONNECTION}" ] &&
PROMPT="%{ESC[37m%}${HOST%%.*} ${PROMPT}"
;;
*)
PROMPT="%/%{ESC[31m%}%%%{ESC[m%} "
RPROMPT="%{ESC[34m%}%T%{ESC[m%}"
PROMPT2="%{ESC[31m%}%_%%%{ESC[m%} "
SPROMPT="%{ESC[31m%}%r is correct? [n,y,a,e]:%{ESC[m%} "
[ -n "${REMOTEHOST}${SSH_CONNECTION}" ] &&
PROMPT="%{ESC[37m%}${HOST%%.*} ${PROMPT}"
;;
esac

setopt correct
autoload -U compinit
compinit
autoload predict-on
predict-on

vimではESCはC-v,Esc。

DebianデフォルトインストールなGNOMEに依存しないで、awesomeを正しく動かそう。

Debian squeezeを古い可搬機にreinstallした。
機の演算能力的な問題もあり、またawesome使ってるんだから使わないものを排除したいと思われたので、aptitudeを開いてinstall済みpackageのgnome近辺をゴリゴリ削ぎ落としたところ、結局gnome関係すべてを排除する運びとなった。

login managerを使用する必要が無いと思われるため、gdm3などもそのままサヨナラである。

.xinitrcに
export XMODIFIERS=@im=SCIM
export QT_IM_MODULE=scim
export GTK_IM_MODULE=scim
exec scim&
exec awesome

また、gnomeを削いだあたりでIMも流れてしまっていた為に、installする。aptitude install scimなど。
これでreboot後にstartxすると、 awsetbgされないなどの問題発生。awsetbgのソース読んでも、足りなくなっているbinは不明のままであったので、別アプローチとして、xloadimageを導入。xrootのroot windowに画像を描画する目的であった。
しかし、xloadimageの導入後、awsetbgがうまくいくようになった。aptitudeのメッセージを見るに、一緒に入ってきたpackageはなさげであった。不明白。
libjpegまわりではないようだ…